インク壺 コラム第2回

印籠

確か中学生の頃です。どうしても印籠が欲しくなり、お小遣いを貯めわくわくしながら求めに行きました。

その前年に象牙の根付を入手していたことが、どうしても「印籠がほしい!」と強く思うようになったみたいです。水戸黄門の影響も多少有り。

印籠無事に印籠を購入し、わくわく、どきどき、しながら中はどういうふうになっていて、何が入っているのだろうと(当然何も入ってはおりません)空けたものです。

その印籠は豪華な蒔絵とは程遠く、実に質素な蒔絵でした。(当然中学生のお小遣いで買える範囲です) それでも私には宝物でした。 

印籠と言いますと色々な本には「江戸の初期には印鑑を入れて持ち歩くもので、その後薬を入れて持ち歩くようになった。」と書いてありますが、3~4千点今までに見てきましたが印鑑も印鑑が入っていた形跡も確認することはできませんでした。ともあれ江戸の中期頃からは武士階級のおしゃれアイテムとなりました。

中はこんな風になっています。

印籠

正式な物は5段になっておりますが、2段3段4段6段等色々あります。

材質は木、紙(一閑張や、こよりで編んで漆で固めたもの等)、まれに金属、陶磁器、象牙、竹等です。表面の装飾は蒔絵,堆朱、螺鈿、金細工、芝山等です。
扱い方は、どうしても中が見たい方は、印籠と根付の間に紐が通っている緒締めを上にいっぱいに上げ、印籠本体の紐が通っている穴の外側を両手で持ちしずしず、そろそろと少しづつ上げて行って下さい。
けっして正面と裏面をもってギシギシさせながら空けちゃいけません。すぐに痛んでしまいます。
上等な品ほど中が良い梨地になっております。
桐箱にも印籠蓋という名前で残っております。

ちなみに最初に求めた印籠ですが、独立したての頃食料に変わってしまいました。

印籠購入ページへ
  古美術とは コラム
 
古美術ささき-買取案内-
古美術ささき-Yahoo!セレクトオークション
古美術ささき-Yahoo!セレクトオークション
商品カテゴリ検索
商品名検索
古美術ささき-美術品の取り扱いと保存-
古美術とは
古美術ささきブログ
古美術ささき-コラム-
リンク集-

古美術ささき

銀座店
〒104-0061 東京都
中央区銀座1-14-7
吉澤ビル1F
電話:03-5524-3324
FAX:03-5524-3314
MAIL:info@kobijutsu.ne.jp
11時~18時(日祝休)
北沢本店
〒155-0031 東京都
世田谷区北沢3-2-11
レガーロ東北沢1階
電話:03-5738-8331
FAX:03-5738-8332
11時~19時(日祝休)

許可証番号
東京都公安委員会
第1276号

特定国際種事業者
S-3-13-30831

ページ先頭へ